Entries

あーあ、なナッツ

金曜日から4歳娘がロタで嘔吐、下痢が止まらずずっと腹痛を訴えております(;´Д`A

長いお散歩も中々出来ず、そのストレスなのか何かを感じとったのか、ここ3日ほどナッツの粗相が目立ちます。

おおらかに見えて結構デリケートなナッツ。
いつも人の顔色を伺ってる。
せっかくおトイレも覚えて来てたのに>_<

昨日は午前中ノトスとナッツの通院で病院へ行きました。

行きの車内で2歳の息子が嘔吐!(◎_◎;)
しかも大量!
あーあ、うつったか。。。


ナッツの膀胱炎はよくなっていました。
ノトスの褥瘡もまぁまぁです。
昨日から包帯グルグル巻きで舐めないようにガードすることにしました。
早く良くなりますように。



家に着き、2匹とバリケンを降ろし、寝ていた息子を抱っこして降ろすと
「ぐわっ!」
抱っこしたまままた嘔吐!!
2人ともゲロだらけー!

汚れた服やら何やら全部洗い、「ふぅー」とリビングに入ると、

クッサ!!

ナッツがうんちとおしっこしてる。
うんちはおトイレにしていてエライエライ。
おしっこは2カ所とも外してる。
一か所は中々惜しいところだけど。
おトイレにうんちがあったから他のところにしちゃったのかな。

この冬防水のホットカーペットに買い換えたのだけど、何故かみんな縁の布の部分におしっこするσ^_^;
そこは防水じゃないんだよ(。-_-。)
全くもうっ!
まぁしょーがないか。

そして夕方友達の家から帰宅した小2の娘の様子がおかしいので熱を計ると39.6°Cの高熱(-_-)

はぁ。

夕方のお散歩は20分くらいなるべく走ってあげました。
帰宅後2匹でお水がぶ飲み^ ^


子どもたちをお風呂にいれて寝かしつけている間はナッツはクレートに入っていてもらい、夜9時半ごろナッツを出しておトイレへ、と思ったら中でしちゃってるがな!(◎_◎;)

あーあ。ビチョビチョ
お水がぶ飲みしたせいだね。
もう少しはやく出してあげれれば良かったんだけど。

負の連鎖。

もう直ぐナッツのお届けなのでここでの失敗続きは痛い(ーー;)

今日はこまめにおトイレ連れて行こう。

ゆっくりお散歩出来なくてごめんね>_<
スポンサーサイト

コメント

[C80]

まりまりさん、おはようございます。
お子さん小さい時は、病気が移るのは仕方ないですけど、ノロは
本当に嫌ですよね。まりまりさんには移ってないですか?
私も1回だけ子供から移り、本当にしんどかったです。インフルより大変でした。
子供は4人いるのですが、なぜか2人と自分だけで済んで良かったですが、、、。
ナッツくん、ノトスさんもいるのでなかなか大変ですが、まりまりさん、くれぐれも無理しすぎないようにしてください、お大事に、、、。
  • 2017-03-07 05:24
  • のり
  • URL
  • 編集

[C81] のりさんこんにちは

ノロは本当に辛いですよね>_<
うちも年末やられました!
小さい子が体調崩すと一日中グズグズするので本当に困りものです(;´Д`A

今日は新しい預かりっ子が来るのでみんなでワクワクしております(o^^o)
  • 2017-03-07 09:14
  • まりまり
  • URL
  • 編集

[C82]

いつも楽しく読ませて頂いております。
ダイちゃんジェナちゃんの兄弟姉妹と言われていたカレンをちばわんから譲り受けた者です。
うちも4人子供がいますので、毎日24時間では足りません(^_^;)忙しいなか預りボランティアもされていて本当に頭が下がる思いですm(__)m
ダイちゃんジェナちゃんもお元気でしょうか?
これからもブログ拝見させて頂きますm(__)m
  • 2017-03-07 11:21
  • カレンの母
  • URL
  • 編集

[C83] カレンちゃんのママ

こんにちは^ ^
カレンちゃんのママさん、コメントありがとうございます!

カレンちゃんも元気にしていますか?
ダイちゃん、ジェナも元気そうです(o^^o)
ジェナはよく篠崎いぬ親会に遊びに来てくれます(o^^o)

ジェナはいぬ親さんがインスタ?をやっているので検索したら近況が見れるかもです^ ^

我が家は常に散らかり放題、ご飯は手抜きでなんとか乗り切っています(;´Д`A
  • 2017-03-07 17:27
  • まりまり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

まりまり

Author:まりまり
旦那(37)1人、自分(35)、子ども4人の6人家族。
H27.4月に1匹、同年7月にもう1匹の愛犬を亡くしました。
末っ子がまだ7ヶ月と小さいのできちんとできるかどうか不安でしたが、ちばわんHPの愛護センターレポートを見て預かりボランティアをしようと決意しました。
20歳のときに地元浦安の保護団体のお手伝いをしていてたくさんの犬猫が毎年殺処分されていることを知り、お菓子なんて作っている場合ではない!!(当時はパティシエの仕事をしていたので)と犬のトレーニングの勉強をし、7年間ドッグトレーナーの仕事をしながら大阪で保護活動をしていました。
次女が生まれて間もなく仕事をやめて、主婦になり現在に至ります。

最新記事