Entries

あず、後退(>_<)

少しずつですが私に慣れてきていたあず、ハクがいなくなって少人馴れが後退したような。
あずのゴールデンタイム、夜中のチビにゃんズの授乳がなくなってハッスルする場を失ったからか?
それでもハクがいなくなった次の日は私が転がしたボールで遊んだり、逃げずに撫でさせてくれたりできたんだけどな。




ほら、かわいいでしょ~😍
お散歩してあげる時間、減っちゃったしね。
夕方子どもを公園に連れて行く時ワンコたちも一緒に行っているのですが、ビビり度高めのあずは子どもたちがたくさんいる公園はレベルが高すぎるし。
公園から帰ってきてからのあずのお散歩は20分弱くらいしか行けてない(>_<)
あずは通りすがりの人を見るたびに、ひゃわわわわ~~って慌てて逃げようとするから早く帰りたいんだろうけど。
最近なぜか頭痛に悩まされている私は、全てがザツ!なのが原因かも(T_T)
それにしても昨日の頭痛はホントにヒドかった( ´Д`)y━・~~
今日新入りワンコが来るというのに~~!
とりあえずロキソニン様、お願いしますよ。
あずは息子のことは割と平気^ ^




ビビりんぼなあずちゃん、がんばろうね^ ^
君にも本当の家族、きっと見つかるよ(^^)

ハク、お幸せに♡

我が家でお預かりしていたハク、本当のおうちを見つけました( ´∀`)
ハクはなんとなく長く居座りそうな予感がしていたけど、2ヶ月で行ってしまいました( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
なんだかパッとしない子でしたが(笑)、怖がりからの甘えん坊なだけあってかなり愛着湧いていました。


ク~~~っ!
この頼りないタレ目!
たまらん♡♡♡
とってもやさしいパパとママが出来て本当に良かった^_^
ハク、幸せになってね!

あずもハクに続いて良いご縁がありますように。

あずの本当の家族を募集しています。

あめ、完全復活!

衰弱していたあめ、もう完全復活しております!
先月22日に急にミルクを飲まなくなり元気がなくなり、翌日病院へ。
この時は本当にグッタリしていて今にも死んでしまいそうなほどでした。
3日間通院し、その後ミルクもよく飲むようになって元気になりました。


↑一番上があめ、左がたいよう、右がゆき。
ご心配くださった方もいらっしゃると思いましたがなかなかブログの更新が出来ずに申し訳ありません(>_<)
そして!
昨日から離乳食始めました^ ^
あれ?1匹いない!

いたいた

チビにゃんズは離乳後他の預かりさん宅に移動後募集となります!
みなさんよろしくね~^ ^

どさくさに紛れて…

毎晩恒例の夜中の運動会。

日に日に激しさが増してきました!





ハクがたまにプリプリ私のところにやってくるのであずもつられてくるかなーと大げさにワシャワシャやってると

ついに一昨日

キターーーー(*≧∀≦*)

そしてなんとどさくさに紛れてナデナデしている私の手に甘噛み~♪( ´θ`)ノ

これには私もテンションアゲアゲ~(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

たった今の撮れたて画像↓


そして、部屋のど真ん中に座っている私のすぐ近くで伏せて一休みしてくれました♡

クレートや部屋の隅以外でリラックスするのは初めてです(๑˃̵ᴗ˂̵)



大きな進歩の3日間でした!

夜中のあず

最近チビにゃんズの夜中の授乳タイムのとき、あずとハクもケージから出してあげているのですが



昼間はほとんど引きこもっているあずですが夜中は楽しそうにハクと遊んでいます^ ^


あずはまだ推定7~8ヶ月。
本当はたくさん遊びたい時期。
少しだけ本来のあずの姿を見せてくれるようになりました^ ^
子猫に時間をとられ、なかなかハクとあずに時間を割いてあげられず申し訳ないです。
体調不良中のあめはというと、
今日も通院で点滴をしてもらい、おうちでもお薬を飲み、授乳間隔を1.5~2時間にしています。(夜中は3~3.5時間おき)
少し元気になって体重も増えてきましたがまだ自力で哺乳瓶から飲めないのでシリンジで少しずつあげています。

上があめ、左下がたいよう、右下がにじ

あめ、やっぱりやつれてる(T_T)

あとひと踏ん張りで体調も落ち着きそうですが、まだまだ気が抜けない状態。
1週間前は同じくらいの体重だったたいようともかなり差が出てしまいました。
現在たいようが250g、あめが200g。
あめ、もう一踏ん張りがんばろうね。

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

まりまり

Author:まりまり
旦那(37)1人、自分(35)、子ども4人の6人家族。
H27.4月に1匹、同年7月にもう1匹の愛犬を亡くしました。
末っ子がまだ7ヶ月と小さいのできちんとできるかどうか不安でしたが、ちばわんHPの愛護センターレポートを見て預かりボランティアをしようと決意しました。
20歳のときに地元浦安の保護団体のお手伝いをしていてたくさんの犬猫が毎年殺処分されていることを知り、お菓子なんて作っている場合ではない!!(当時はパティシエの仕事をしていたので)と犬のトレーニングの勉強をし、7年間ドッグトレーナーの仕事をしながら大阪で保護活動をしていました。
次女が生まれて間もなく仕事をやめて、主婦になり現在に至ります。

最新記事